LinkHouseの英語キャンプについて。

LinkTalkオンライン英会話 LinkHouseの英語キャンプについて

英語キャンプに込めるもの。

こんにちは!
LinkHouseはオフラインでの英語環境とLinkTalkオンライン英会話の2輪で成り立っています。
今年になり、英語教員や小学生、大学生、転職中の社会人等、様々な方々に対して、どのように向き合っていくのかを考えました。
LinkHouseの特徴は「ゲストハウス兼英語学校で実際に海外の暮らしを体験すること、暮らしの中で英語を自然に使うこと、そして専門家によるフルオーダーメイドのカリキュラム」にありました。
今年、一度その環境を大きく変え、ゲストハウスを一時停止し、英語キャンプの企画をする方へシフト致しました。
理由としましては様々ありますが、どちらがよりよい体験を提供できるのかを考えた結果でもあります。固定の場所を持つことは強みでもありますが、自由度は下がります。あえて場所を持たない事で、企画によって場所を選択できる自由度を上げた方が、自分たちが本当にやりたいことに近い動きができるのではないかと考えています。
英語キャンプでは、各キャンプで参加者を募り、面白い企画を詰め込んで参ります。時には山で、時には海で、また時には街中で。対象者や目的によって内容と場所を変え、開催して参ります。
ぜひご期待くださいませ。

具体的に何をするのか。

LinkTalkオンライン英会話 LinkHouseの英語キャンプについて

LinkHouseの英語キャンプ企画ははじまったばかりです。現在数社の方々と共同でプログラムを開発しております。
具体的には、「LinkHouseのフルオーダーメイドはそのままに」「対象者が1番得られるものが多い場所で」「年齢や目的に合わせた英語キャンプを」「期間を決めて行」います。
小学生以上向けであれば、アクティビティやクリエイティビティを含めた1週間のキャンプを、英語教員、または教職課程の学生向けであれば、現地の繋がりを活かした英語教育やボランティアを含めた1週間のキャンプを。また、私自身がセブ島で得た豊かさを共有する為に同世代の女性向けの企画なども実施していきたいと考えています。
考えている程甘くない事は多くあるかと思いますが、どのようなやり方が1番皆さまにとってより豊かな経験とスキルアップに繋がるかを常に念頭に置いて活動を続けて参ります。

日本ベースへ転換。

上記の内容を実現する為、経営者のうち一人はセブ島に、ひとりは日本をベースにする事を決定いたしました。
日本にベースを置くことで、間違いなく皆さまとの距離は近くなりますし、必要であれば直接足を運び、セミナーや英語教育活動への参加、同志との交流を深めていきたいと考えております。
ご興味のある方はお気軽にお声掛けくださいませ。セミナー登壇、参加や英語キャンプの企画なども柔軟に受け付けております^^

統括。

LinkHouseは2017年に形を変えて英語教育と関わっていくこととなりました。教育は長く続けていかないと成果が出てこない部類の活動だと考え、継続していく方法やマッチする方法を模索しながら続けて参ります。
ビジネス的に甘い部分や強い想いの部分、様々な要素をありのまま受け止め、常に皆さまと共に成長し続ける団体でありたいと考えております。
今後とも皆さまのご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願いいたします。

以上、LinkHouseの英語キャンプについてのお知らせです。最後までお読みいただきありがとうございます。

LinkTalkオンライン英会話 LinkHouseの英語キャンプについて