映画のすすめ – The Age of Adaline –

LinkHouse リンクハウス 映画のすすめ

映画鑑賞で英語脳チェック?Saturday night.

こんにちは!
お久しぶりの更新になってしまいました。。(どなたか一緒に更新してくださる方を募集しております。)
日本ではオフラインでバイリンガル教育と大学受験生の英語教育に関わりながら、オンライン英会話では海外で勝負する若者向けのカリキュラムがスタートしております。
さて、本日は字幕なしで映画を鑑賞し、自身の英語脳チェックをいたしました笑。その映画の内容と英語がリスニングにGreatでしたのでおすすめさせていただきます!

The Age of Adaline – アデライン、100年目の恋。

鑑賞した映画は”The Age of Adaline”です。ある事故から不老となった女性の人生を描いたラブファンタジー映画ですが、なんといっても良かったのは作中の「英語」です!他の映画に比べ、登場人物が上品に少しゆっくりと発話していた為、リスニングがラクにできます。
せっかくですので、映画をなぞってフレーズをいくつかご紹介します^^

Just the music is painful.
(ただこの音楽がよすぎるの。)

Some place you’ve never been before.
(あなたが行ったことのない場所よ。)

How lucky love each other.
(愛し合えることがどんなに幸運なことか。)

It’s better this way.
(この方がいいわね。)

The instant, …
(…するや否や)

You get to sleep. Love you.
(おやすみ寝てね、愛してる。)

You’ve never told anyone?
(誰にも言ったことがないの?)

このフレーズだけでもなんとなくストーリーが思い描けますでしょうか?登場人物が早口になったりスラングを連発するような場面がほとんどありませんので、英語の綺麗な響きや登場人物の心理描写をゆっくりと堪能できる映画です。
上記のフレーズがどこで使われているのか、映画の中でどのような意味を持っているのか、ぜひご覧になってみてください♪

↓FYI :
The Age of Adaline _ Wikipedia

以上、映画のすすめ – The Age of Adaline – でした。