こどもえいご (早期英語)

LinkTalkオンライン英会話 こどもえいご 英語

こどもえいごをはじめてみて。

こんにちは。
日本に帰国してから、こどもえいごに触れることが多くなってきました。バイリンガルの日本人と接する機会も多いですし、ほぼ初めて英語に触れるというお子さんもいらっしゃいます。
元々ドメスティックで日本語だけで成り立つ国で育っているのですから、普通に暮らしていたら英会話をする機会というのは希少でしょう。
まだ学校で教科化された英語教育を受ける前の子どもたちは「えいご」という新しいツールに対して何の抵抗感も劣等感も持っておらず、純粋に興味の対象として認識しています。そんなこどもたちにできる「こどもえいご」は「えいごって使えるものなんだよ。」「えいごは楽しい。」「音が面白い。」といったマインドを持ってもらうこと。そうしたら勝手に学び始めますよ。
そんな気持ちで手に届く範囲のこどもたちと接していてやりたい事が増えてきたので書き綴ります笑。

英語で知的なゲームをしたい。

こどもたちをみていて、ゲーム等の興味範囲のことについての熱中、集中力にはすごいものがあります。大人もついていけない程たくさんの用語や背景を理解しており、そこに新たな言語エリアが生まれているといっても過言ではないでしょう笑。
そこに英語を絡めない手はない、という事で英語で知的なゲームをしていきたいなと思っております。
詳細はTBA!!

英語圏にぶっこみたい。

ことばが多少乱雑な表現になりました事お許しください。しかしながら、これに勝る表現はないかと思っております。
こどもというのは可能性の塊です。There’s only possibilityでございます。
そこに大人の常識が入り込む余地はありません。可能性を最も開花させるひとつの起爆剤としまして、こどもたちを英語圏にぶっこみたい、と考えております。
いきなり海外が難しい、という方も大丈夫。日本で人工的に英語圏を作ってしまえばいいだけの事です。
まずは小さなことから。英会話をEnglish Only Policyで行うことからでもOK.一切日本語での補助がない中でサバイブしましょう。
次にEOP環境のイベントに参加、そして合宿、友達を作る、そして海外にいきましょう。
こどもはするするっと楽しんでそのステージをクリアするでしょう。

統括。

今回は早期英語教育に携わってみてやりたくなったことを綴らせていただきました。今はたくさんの機会がそこら中にあります。LinkHouseも独自の目線で突っ走って参りたいと思います。よろしくお願いいたします。