本番で落ち着く為にオンラインで場数を踏む。

LinkTalkオンライン英会話 発音はなぜ大事なのか

壁打ちとしてのオンライン英会話活用。

こんにちは!
今回は、「ネイティブ英語からの脱却」の傾向にある日本の英語教育の中で、私なりの発音に対する意見を綴って参ります!
私自身はネイティヴ英語信仰(「英語の発音はイギリス英語とアメリカ英語が本物で1番正しいのだ」という考え方)に対して、「目標になるならいいが、障壁になるなら害」だと思っています笑。とはいえ言語はコミュニケーションツールですので、「発音の正しさ」よりも「正確に通じること」にコミュニケーションの真髄はあると考えています。ではなぜ、「正しいとされる標準的な英語」を学ぶ必要があるのでしょうか?

ネイティヴ英語信仰の使いみち。

「イギリス英語」や「アメリカ英語」がある様に「日本英語」も存在します。東京弁や関西弁があるのと同様にどれも同列に存在しています。
その中で「イギリス英語」や「アメリカ英語」を学ぶメリットはなんでしょうか?それは「発音で階級や育ちが見え、信用されやすい発音が存在しているから」でしょう。私たち自身がイギリス英語を使える必要はなくても、「発音にはそういった(社会的背景を表現するという)事実があるのだ」と理解しておくことは必要だと思います。

ジャパニーズ・イングリッシュを駆使するメリット。

私達は日本語の母語話者ですので、当然英語も日本語訛りの英語になりやすいです。そのジャパニーズ・イングリッシュを駆使することには実はメリットも存在します。それは、「自分のアイデンティティを表現する役割を果たすこと」です。例えば私がイギリスのクイーンズ・イングリッシュを流暢に話したとすると、私は相手に「私はその地域や文化と繋がりの強い人間です」と伝える事になります。そうすると、当然クイーンズ・イングリッシュを話す人々のマナーにも精通していると思うのではないでしょうか。その地域の発音を駆使するのであれば、文化的背景も理解しておいた方がよいということになります。
ジャパニーズ・イングリッシュを話していると、「私のアイデンティティは日本人であり、英語であなたとコミュニケーションを取りたいと思っています」と伝えていることと等しいといえます。これを私はメリットと捉えています。

統括。

発音はアイデンティティの表現に役立ちます。コミュニケーションの基本である「通じること」を大切にしつつ、「発音の役割」を理解しながら様々な発音に触れてみるのも「世界英語」ならではの楽しみではないでしょうか。

以上、発音はなぜ大事なのか、でした。発音を少し違った角度で考えてみるきっかけとなれば幸いです。