英語でボードゲームイベントを実施しました。

LinkHouse ボードゲーム 英語 知育 遊び

こんにちは!
お久しぶりの更新になります。
今回は世界で流行っているボードゲームイベントを日本で開催いたしました。「遊びの中で英語を使ってみよう。」という事で言語は日本語/英語に設定しました。
イベントの様子をぜひご覧ください。

ボードゲーム×あそびの英語

今まで私が行ってきたボードゲームは将棋、オセロといった日本でよくあるものばかりでした。今回ご縁があり、世界中で流行っているレトロなボードゲームがあるという事でそのボードゲームをいくつか用いて英語であそぶイベントを開催いたしました。
4×4のシンプルなボード、ルールも至ってシンプルですが、勝ちパターンが256通りあるものもあり、知らず知らずのうちにリーチになっていたりと大人も子どもも楽しめるボードゲームです。
「勝った!」「やった!」「悔しい!」「惜しい!」「勝てると思ったのに!」「次はあなたの番だよ!」・・・といったことばを英語でやってみました。感情を英語で表現するのは、教科書で習う英語とはひと味違った楽しさがあります。

開催中の様子

LinkHouse ボードゲーム 英語 知育 遊び

お仕事帰りに息抜きだったり、

LinkHouse ボードゲーム 英語 知育 遊び

純粋にボードゲーム大好き!プレイしたい!という方や、英語を使いたい、という方も。

まとめ

このイベントは月に2回、秘密基地で開催されています。ボードゲームの楽しさ、英語を使うたのしさ、また横のつながりの楽しさを参加者の皆さまに感じていただけるイベントに成長していければと思います。
英語は教科書や学校でしか学べないのではなく、少し足を伸ばせばそこら中に触れるチャンスはあるはずです。LinkHouseのイベントがその一端を担える様、この地域からはじめていきたいと思います。

以上、日本の静岡県より英語×ボードゲームのイベントのリポートでした。最後までお読みいただきありがとうございます。